CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

千秋興産スタッフブログ

物件情報や日々の出来事など配信していきます

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
呆れる事ばかり

夜逃げした着付け業者「はれのひ」事件は、まだ生なましく記憶にありますが、今日は東京・杉並区の楽器店で客が修理などのために預けた楽器の一部が質屋に入れられ、店は閉店・・のニュースがありました。腹立たしいを通り越し呆れてしまうばかりです。東京みたいな大都会では、お店や事務所でシャターを下ろされたら、1個人では関係者と話をすることも何もできないのではないかと恐ろしくなります。幸い秋田では、倒産はありますがそこまでの「ワル」は聞いたことがありません。ダメならダメな説明をし、ちょっと

苦しいが再起した人も少なく無いと思います。苦しい時こそその人の本性が出てくるのであって、苦しい時に逃げるのか、向かって行くのか・・・韓国で開催されている冬季オリンピックの選手を見て頷いています。

| 呆れる事ばかり | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成28年 新春のお慶びを申しあげます。
 新年あけましておめでとうございます。
昨年はブログもすっかりご無沙汰してしまいましたが、今年は気合を入れ替え、
気の付いたことをガンガン記事にしていきたいと思います。
 
 それにしても、秋田市は雪の無いめずらしいお正月でした。除雪作業も無く本当に楽な毎日・・・
雪の無い朝の口癖は「東京みたいだ・・・」から始まりです。でも、いつまで続くことやら。

 今年の目標は、「良い物件を見つけ仲介、売買の回転を早める」ことです。景気が悪い、住宅
建築件数の激減等ありますが、良い物件はすぐ決まる・・昨年でした。逆に言えば、いくら安価でも
良くない物件は決まらない・・ということです。何が良くて、何が悪いのか、昨年の成果と反省のもと
もう少し分析してみようと思います。分析してたら一年が過ぎた・・・とならないよう気をつけながら。
 
| - | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
謹賀新年
  新年あけましておめでとうございます。
  今年もよろしくお願い申し上げます。
       平成27年元旦
      千秋興産株式会社
今年も私たちで
「期待を超えるひとつ上の満足を提供します」
 伊藤満男 金澤晃右 高橋永吉 入嶋勝治 
| - | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
国民文化祭・あきた2014 に寄せて
いよいよ今日から「国民文化祭・あきた2014」が始まりました。こうしたことのあることを知ったのは、今回がきっかけということで余り関心もありませんでしたが、毎日の新聞、テレビ等の影響もあり最近はすっかりその気になり、楽しみにしているところです。見るもの・聞くもの・食べるもの等、場所と日時をしっかりチェックいよいよ行動です!。秋田県は公示地価が16年連続下落、少子高齢化など楽しい話題の少ない昨今ですが、こうした祭典を機に前向きになりたいものです。また、これを機に秋田県外のお客様も大勢来てくれると思います。その皆様が秋田県に対し良い印象を持ってお帰りいただきたいものと強く思いながら、どこかでお会いしたら秋田弁で歓迎のおもてなしをしたいと思っています。  歓迎・歓迎!ようこそ秋田へ、国文祭へ。
| - | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
武家屋敷
  つい先日まで、クーラーが無ければとても生きていかれない・・・などと言っていたのが、あれから2〜3週間過ぎただけなのに「暖房が無ければ寒い・・・」朝夕になりました。
消費税のこともあると思いますが、住宅を建てるなら厳寒になる前に・・・との思いから建設業、不動産屋にとっては忙しい秋になりました。このままアベノミクスが続いてくれれば良いのですが、来年の反動が不気味な昨今です。

 角館にある武家屋敷の土地がまだ売れません。好景気の東京方面からの照会も数件ありますが、どんな方が決めてくれるのか・・・楽しみにしています。興味のある方はぜひお問い合わせ下さい。
| - | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あなたも「武士の仲間入り」・・・
 秋田県仙北市角館町の「武家屋敷」は全国的に有名で春夏秋冬を通じ観光客の途切れることはありません。特に4月中旬から5月初旬、武家屋敷通りに咲く桜の美しさは一回見たら二度、二回見たら三度・・・つまり、毎年見たくなる素晴らしいものがあります。
 また、秋には山車と山車を豪快にぶっつけ合うお祭りがあります。地元の人は、お盆やお正月には帰らなくてもこのお祭りには帰ると言われるほどです。ぜひ一度と言わず、二度、三度・・・・角館探訪をお勧めいたします。

 その角館の「武家屋敷通り」に面した黒塀の内側に「売り地」がでました。大変貴重な、めったに出ない物件だと思います。詳細については、当社のHPをご覧ください。保存地区条例などありますが、武士になったつもりで発想、考えればむずかしいものでは無いと思いますが・・・・・・。

 このブログを書いている私は角館中、角館高校OBですが、百姓であった自分の先祖をたどれば、
そのこせがれは、この武家屋敷など通ることもできない、まして武家屋敷の土地売買の仲介など・・・間違いなく討ち首ものだろうと、溜息ものです・・・・J J J J J J 。
| - | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春まじか
 多くの高校で卒業式も終わったのに、まだ寒さは続くのでしょうか。
春を感じたらまたブログを書きます。
| - | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
すばらしき秋田
 秋田の良いとこ、素晴らしいことは・・・自然豊かで緑が多い、都会に比べゆっくりのびのび生活ができることだと多くの人は言い、思われているのでは無いでしょうか。しかし、不動産の売買に携わって感じることは、一部を除いて決してそうでも無いことです。宅地を求める時40〜45坪位、土地代金500万円前後が多く,住宅は建ぺい率50%として20坪の総2階建てで35〜40坪・・建物代金は2000万円前後、合計2千5〜600万円。建物は設備が完備されたオール電化(それ以外でもOK)住み心地100%満足、しかし、敷地は・・・駐車場は確保されても「自然豊かで緑が多い、ゆっくり、のびのび・・・」とはいかない。
「広々敷地」に「完備された住宅」、この両方を満足させることは中々厳しいのでありますが、狭い敷地では東京と同じだ、広々とした秋田の良いところをもっと生かせないものかと勝手ながら残念に思うこの頃です。解決の一方法としては、土地面積が大きくなったら1坪あたりの単価を下げる、これは私たち業者にとっても地主さんにとってもそれなりに納得できる部分はあり実際に多くの例もあります。例えば・・40坪なら1坪10万円で400万円、80坪なら1坪8万円で640万円、こうなれば土地は80坪にしよう・・・となるでしょう。願わくば、土地80坪以上の購入については県や市の優遇措置がある・・・秋田とはそんなところなんだ・・・とならないものでしょうか。。家と庭があっての「家庭」、ちょっとした家庭菜園を楽しむ・・・それが秋田だ・・・そんなことを念じている時ついに「広めの敷地が欲しい、家庭菜園もやりたい・・・」とのK氏。広い土地を一括で・・・と地主さんに交渉〜格安で交渉成立、両者とも満足。「広々屋敷、緑豊か、休日には家庭菜園を楽しむ・・・」理想の仕事ができた・・・とK氏よりもこの先が楽しみな私です。
| - | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
老婆と休日
 人口減少と高い高齢化率が大きな社会問題となっている秋田県、不動産業の仕事を通じ、私にも直接・間接的に感じることが多くなりました。
最近特に感じるのは、売買の仲介や管理の依頼者が秋田県外・・・特に東京方面に在住の方からの案件が多くなったことです。つまり、親が亡くなったあとの相続人が東京方面に在住で、仕事や家族関係から親元の秋田に帰ることはままならず、止むなく売却する、または○○年過ぎるまで管理を依頼する・・・というケースです。秋田で生まれ育った主人(妻)には思い出深い秋田の地であっても、東京で結婚した妻(夫)や子供には本当の古里では無いのでしょう。

同級会の時など「定年になったら秋田に戻って来いよ・・・」と話すのですが同じようなことを言います。先日ある友達から「3月に退職したら妻子は東京に残し一人だけ実家に帰る・・・」とのメールをもらいました。「ローマの休日」ならぬ「老婆と休日」だ・・・と書かれていました。
家族みんなで秋田に来てくれたら人口減少にも多少の歯止めはかかるのに・・・と思いながらも、「問題は仕事だ、仕事が有るか・・・・だ」 と一人溜息をつく昨今です。
でも、いつかお帰りになるまで土地も建物もしっかり管理しますのでご安心のうえご用命下さい。
また、時々上京し売却等のご相談にも積極的に対応させていただいています。
ご相談お待ち申し上げます。
| - | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豪雪と火山灰
 雪、雪、雪・・・湯沢市、横手市ほどでは無いが秋田市も例年に比べたら雪は多い。毎朝の除雪は疲れるものだが、最近は「いずれ融けるんだから・・・」と、かなり手抜きが多くなった。

単純に比べることに無理はあるが、新燃岳噴火の火山灰とこの豪雪、どっちが大変か比べたくなる。
降雪5mとか6mとか、積雪も2mとか・・・除雪の作業や事故、雪による被害は大変なものである。
一方、火山灰・・・空から大粒の石、砂が降って来て10僂眄僂發襪覆鵑董ΑΑΔ修鵑雰亳海鰐気い大変なものだと思う。雪はいずれ融けるが、それまでの閉ざされた生活や作業は大変だ。火山灰は溶けないし泥流や土石流が心配だ・・・結局、どっちも大変だ・・・ということか。

単純な考えだが、あの火山灰を土壌改良や肥料として畑なんかに使われないものだろうか。無菌質だし粘土質の土と混ぜたり・・・水はけも良くなるだろうし。
新発売 「新燃岳火山灰」 効用○○○  ちょっと真面目に考えたりしているが、なんのことは無い、雪深い今、土地はじめ不動産の動きはパッとせず春が来るまでの妄想か。
| 火山灰の活用 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |